Work

Panasonic

Panasonic had no consistent 'look and feel' for its audio visual products - consumers couldn't tell them apart from other manufacturers. We were asked to help them change this. Over a period of six months we worked closely with their management team to create form, detail, colour and materials which reflected Panasonic’s goals and differentiated them from Sony, Samsung etc. We developed prototypes of TV's, dvd players, mobile phones, cameras and lcd projectors which are now used by Panasonic designers as a template for the design of future products - enabling them to build a more consistent Design Identity. This work has been a great success, has been featured in the design press, exhibited at the Milan Salone and led us to work with Panasonic across their business categories. Read more about Design Identity here.

パナソニック社はオーディオ&ビジュアル製品に、消費者が他社製品との違いを見出せるような一貫した「外観と印象」を持っていませんでした。6ヶ月間にわたり、我々は経営陣と密接に繋がり、パナソニックのゴール、そしてソニーやサムスンといった企業との差別化を図ったフォーム、ディテール、色や素材を形成しました。将来的にインハウスデザイナーが一貫したデザインアイデンティティを構築することが出来る様に、テレビ、DVDプレイヤー、携帯電話、カメラ、LCD プロジェクターのテンプレートとなるプロトタイプを作成しました。これらのプロダクトはミラノサローネに出展され、デザインプレスに特集を組まれるなど成功を収めました。この成功はパナソニック社の白物家電等、他のカテゴリーとのコラボレーションへと繋がっていきました。
デザインアイデンティティについての詳細はこちらから。

Back to work Share